中国のゲストも参加、長崎の料亭ウェディング

2020-05-21 13:46:40 長崎市・周辺エリア

ご披露宴会場は決まっているので、プランニングと司会をお願いしたいとホームページからお問合せをいただきました。

日取りは7月7日、七夕の日。

ゲストに披露宴の中で願い事やお2人へのメッセージを書いていただこうと、会場の中に笹の葉を用意しました。


ご披露宴会場は長崎市内の料亭坂本屋さんです。


玄関から続く廊下には水が流れています。


お料理は長崎ならでは、伝統の卓袱料理です。
円卓に所狭しとお料理が並べられます。


高砂のお席は白いお花で爽やかに。


お支度が整ったらお着付けのお部屋で記念撮影。

この日の髪飾り、ヘッドドレスはすべて新婦と美容師さんで手作りされたものなんです♡

まずはご両家のご両親とお出迎え。


新郎新婦のご入場。


開宴の辞の後すぐに女将様の「尾鰭をどうぞ」の一言でご披露宴がスタートします。

尾鰭とは、卓袱料理の始めに出されるお祝いのお吸い物です。

ご来賓のご挨拶をいただき、乾杯。
第一回目のお色直しは中国からお越しいただいた新婦のお母様と。


次は色打掛です。


新郎さんから新婦さんへのサプライズお手紙。


ゲストの皆さんに短冊をお配りし、メッセージを書いてもらい、会場内の笹の葉に飾っていただきました。



書かれたメッセージを呼んでご友人と談笑♪


卓袱料理に含まれる豚の角煮です。


中国では、グラスに注がれたお酒は一気に飲むのが慣習だとのことで、新郎さんも!


新郎の会社関係の皆さんと新婦のご両親も交流タイム♪


次は黒地のお引き振袖で入場。


新婦から新郎へお歌のプレゼント♪



嬉しさのあまり、新郎さんはガッツポーズ!


新婦さんを抱きしめ、

この後キス♡
会場も大盛り上がり!
みんなが幸せな気持ちになりました♡

いよいよ結びのお時間。
日本語と中国語でお手紙を読む新婦さん。


これからもよろしくお願いしますと思いを込めて、お互いのご両親へ花束のプレゼント。


新郎さんのご挨拶。


万歳三唱でめでたくお開きとなりました(*^^*)


お見送りの時には、夏の暑い日ということもあり、日本らしく「梅干し」をプチギフトに。


お見送りが終わり、お母様たちとほっとした笑顔。


お引き振袖のまま、眼鏡橋へ撮影に。



新郎さんはもちろん、スタッフのみんなも可愛い新婦さんにメロメロ♡



ラストは料亭御宿坂本屋さんの玄関で。


後日、中国でもご披露宴を行われたそうです♪
お2人のお幸せな様子にこちらまでHappyになりました♡

はなえむのお仕事レポート

タグ一覧